個人輸入のすすめ > 個人輸入 > 個人輸入の注意点

個人輸入で気をつけておきたいこ

個人輸入で気をつけておきたいことは、トラブルに対しての心構えです。

 

言葉が違うため、何かトラブルが起きた時に対処が難しいのが問題!

 

ここでは、よくある個人輸入トラブルを例に挙げたいと思います。

 

 

 

■個人輸入トラブル事例

 

◎商品がなかなか届かない

 

個人輸入では、ほとんどの場合、国内の取引相手とは違い、対応が遅いケースが見られるということです。

 

そのため最初のうちは、商品がなかなか届かずイライラすることもあるでしょう。

 

万が一商品が届かないことも考えて、最初の購入は安いアイテムから始めることをお勧めします。

 

取引を繰り返していくうちに、信用できるショップも見つかりますし、見分けられるようにもなってきます。

 

少しずつコツを覚えていくようにしましょう。

 

 

◎届いた商品が粗悪品だった

個人輸入では、不良品が届くというのはよくあるケース。

 

また、洋服などは、注文したサイズやなどが違っていたりと、ユーザーを悩ます事例ですね。

 

ある程度取引を重ねたショップを利用することで、少しでもリスクを減らすようにしましょう。

 

 

 

個人輸入では、トラブルと言うリスクはつきものです。

 

そのトラブルを経験しながら、少しずつやり方を覚えていくことが大事!

 

そのため慣れるまでは、安いアイテムの取引だけをやるのがいいでしょう。

 

お役立ちサイト

関連記事

 

個人輸入

other

最新記事

ページの先頭へ