個人輸入のすすめ > 個人輸入 > コストや手数料

個人輸入のコストや手数料ってどのぐらいかかるの?

個人輸入では、配送料金や関税(商品によっては)などの取引コストがかかります。

 

配送料金については、日本国内の通販と比べるとやはり高いと言えるでしょう。

 

関税については、ブランド品や食料品など、ロット数や大きさ、種類によって関税額が変わります。

 

これらのコストがかかることを考えて、個人輸入を行わなければなりません。

 

 

■どれくらいの配送料金がかかるのか?

 

個人輸入で、海外から商品を仕入れた場合、配送方法にもよりますが、小さなものでも数千円取られる場合があるようです。

 

送料については、商品の大きさと数、取引相手の国までの距離が影響してきます。

 

個人輸入をビジネスでやる場合、大量仕入れで送料を安く契る方法もあるようです。

 

 

■関税について

 

個人輸入でかかる関税は、約17500円以上の商品を輸入した場合、関税・消費税・地方税などの輸入税がかかります。

 

それ以下のアイテムに限っては関税なしでいけるようなので、商品の価格には気をつけましょう。

 

 

個人輸入は、国内での売買とは違ってコストが割高になってしまう場合があります。

 

趣味で個人輸入をやる場合にはいいのですが、輸入ビジネスを行う場合、これらのコストを考慮して取引を行いましょう。

 

 

 

PR

相続税の申告、相続財産の名義変更、遺言の作成のご相談はSBC相続サポートセンター大阪にお任せください。
相続税 大阪

 

将来ネイリストとして活躍するならまずは資格を取ろう。
少人数制だからしっかり学べる、最短期間で資格を取得できます。
大阪のネイリスト向けスクールなら

関連記事

 

個人輸入

other

最新記事

ページの先頭へ