個人輸入のすすめ > other > 車売却と買取査定のポイント

出張査定での査定士の服装と行動

 

業者に出張で車査定を行ってもらう時には、必ず査定士の方が自宅まで訪問に来てくれます。ところでその査定士はどのような方で、当日は車に対してどのようなアクションを行うのでしょうか。

 

まずどの業者の査定士も、服装はたいていスーツです。査定士というとツナギなどを着用しているというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、スーツ姿の方々がいらっしゃるケースが圧倒的に多いです。つまり自宅には、スーツ姿の営業マンの方が訪問に来てくれるというイメージをお持ち頂ければと思います。

 

そして査定士は、車の色々なところを見てくれます。もちろん車の外観を見てくれますし、車のドアを開けて車内も見てくれます。丁寧な業者ですと、そのタイミングで「車内に何か貴重品などを置かれていませんか」などと声をかけてくれるケースもあります。そして車内の座席や走行距離など、色々な箇所を見てくれます。

 

またボンネットやトランクのフタなども開けて、懐中電灯を用いてネジや錆などの色々な点をチェックします。
そしてちょっと意外に思われるかもしれませんが、査定士は車の下も必ず確認します。つまり車の下にちょっと身体を潜らせて、車の下の部分に何か問題がないかどうかの確認も行います。

 

このように査定士は、スーツ姿で車の色々なところを確認するわけなのです。そして確認した内容を元に、査定士はスマートフォンで会社にそのデータを送信します。すると会社からデータが戻ってきて、査定価格が通知される訳です。

 

おおむね「スーツ姿で車の色々なところを見て、スマホで確認後に査定価格を通知する」というイメージをお持ち頂ければと思います。

 

 

車売却の一括査定はこちら

関連記事

 

個人輸入

other

最新記事

ページの先頭へ